秋の味覚を楽しむ、さつま芋ご飯

炊き込みご飯の画像 ギター飯

自分の持論の中に「人間は温かいものや新鮮なもの、つまりは出来立てを美味しく感じられるように造られている」というのがあります。

そうすれば人は自然と出来立てを求め、それを口にする機会が多くなりますよね?

出来立ての温かいものや、新鮮なもの、はたまた冷たいものは食品衛生上安全である可能性が高いので、食当たりを回避できます。

食当たりなんて昔の死因No.1ですからね。
多分、知らんけど。

いててててて

ある種自己防衛機能として備わっているものなのでしょう。

なので「人間は温かいものや新鮮なもの、つまりは出来立てを美味しく感じられるように造られている」という説は正しいし至極当然であり、わざわざご飯を冷ますのはじさつ行為であり、愚かな行動極まりなく、論理性のカケラも感じない

というと、

その話は5回目なので新鮮さのカケラもない。もっとも初めて聞いた時も面白さのカケラもなかったけれど

と言われたとか言われなかったとか。

本当に美味しいものは、いつ何回食べても美味しいのにね

とさらに追い打ちをかけられたとか、なかったとか。

まあとにかく、これだけは炊き立てを食べてもらいたい、さつま芋ご飯でございます。

秋の味覚を楽しむ、さつま芋ご飯

材料

  • さつま芋

作り方

さつま芋を切る

さつま芋を切ります。

サイコロみたいに四角くなるように切りましょう。

あ、だからさいの目切りというんだと、今気付きました。

ちゃんと切れてないけど。

炊く

うちには玄米しかないので玄米を使ってますが、これは白米でやったほうが絶対美味しいです。

もちろん玄米も秋田こまちですよ。

はーらーへーったー

秋田こまちのCMソングに参加させてもらいましたからね。

さて、米を研いだら、通常炊く時と同じ分量の水を入れます。

で塩です。

米3号で小さじ1杯くらい。

ご飯が塩からいとつらいので、あまり濃くしないようにしましょう。

そしてさつま芋をいれて炊きます。

これは炊いたあと

完成

炊き込みご飯の画像
たきたて〜
冷ましたらあかん

それだけで、後は放っておくだけ。

めっちゃ簡単。

で!

これだけは炊き立てを食べてください。

あの「少し蒸らす」とかよく分からん工程はいらないです。

味が落ち着く? 

落ち着いてられっかっちゅう話です。

こっちは腹へってんだから。

炊飯器が「ピーローピーローピーローピー」と鳴ったら1分以内に食べましょう。

火傷には注意です。

僕はこれの写真撮りながら、実は別茶碗によそったさつま芋ご飯をモグモグやってますからね。

なんでこんなにすぐ食べてほしいのか?

自分の持論の中に「人間は温かいものや新鮮なもの、つまりは出来立てを美味しく感じられるように造られている」というのがあります。

そうすれば人は自然と出来立てを求め――

まとめ

温かいは最高のスパイスですが、同じ話はしちゃダメです。

秋ってなにを食べても美味しいですよね。

それには理由がありまして、冬を前にすると人間は――

それでは!

P・S

なぜか一度この記事消えました。

ふざけた文をもう一度書くのは、自分で恥ずかしいのできついですね。

まあ同じ話を何度もするやつが何言ってんだって感じですが。

それでは!

コメント

  1. おがっちょ より:

    さつまいもご飯って
    いもころご飯って呼びませんか😀⁇
    私の家だけでしょうか😂

  2. きこ より:

    我が家も今、玄米生活ですが飽きてきました。
    先日、本場の安納芋を頂いたので芋ご飯作ってみます。

  3. たえ より:

    今日もありがとうございます(^^) 面白いです!
    炊き立ては美味しいですよね
    さつまいもご飯食べたいです😊

  4. Hassy より:

    サツマイモご飯明日の朝食べます!美味しくできるかなー。
    今日のギターはいつもと違いますね!なんだろう?
    同じ話を何度繰り返しても面白く、論理的なお話…アインシュタインかなんかの生まれ変わりですか?‪笑

  5. えみょ より:

    私も毎日玄米食べています。
    小豆と玄米を一緒に圧力鍋で炊いて保温し続ける「発酵玄米」ってやつ。
    めちゃくちゃ美味しいですよ。
    玄米がモチモチになるように炊く前日から浸水しておくと良い感じになります。夏場は冷蔵庫保存で。

    今年はまださつま芋ご飯作ってないので作ります‼️

    あぁ…夜中にお腹が減ってきた。

    とりあえず、寝ます。おやすみなさい🌙

  6. […] […]