ホワイトソースの残りで作る、パン包みクリームシチュー

ギター飯

あだち充先生の漫画を1度も読んだことがない、アニメも観たことがないという人は、なかなか少ないんじゃないでしょうか。

いたとしても、代表作「タッチ」の名前くらいは知っていることかと思います。

未だに国民的ヒロインの座を占めている「浅倉南」おそるべしですね。

さて、僕はそんなあだち先生の漫画が大好きなわけですが、「H2」なんかも最高です。

タッチが幼なじみというものへの夢であったのに対して、H2はちょっと違います。

主人公「比呂」には幼なじみ「ひかり」がいるのですが、ひかりは比呂の親友「英雄」と交際しているんですね。

幼馴染は親友のもん、って所からスタートなわけです。

タッチでいえば、南はすでに新田のもんってことです。西村や原田ではありませんよ。

んなことになってたら達也はもちろん、和也もびっくりしたことでしょう。

「比呂」と「英雄」2人のヒーロー、「ひかり」と「春華」2人のヒロインが織りなす物語なわけです。

あだち充先生は行間ならぬコマ間を読ませます。

キャラの表情や情景、そして少なめのセリフで彼らの心の機微を丁寧に描くんですね。

あの時が止まったかのような不思議な世界観は本当に独特で素晴らしくて、ページを開けば一瞬であだちワールドへダイブすることができます。

そんな含みを含みまくりなあだち充作品ですが、H2のラストは中でもかなり難解です。

普通に読めば、あっそうなったのねで終わるのですが、ラスト10巻分くらいのキャラクターのセリフを深読みしていくとまったく別な解釈ができ、っていうかもうそれやんかっ!ってなる最終巻なのです。

当時ガキンチョだった僕は「ほーん」ってな感じで読んでいたわけですが、もっかい読み直すと全く別な物語に感じられました。

なのでH2は読む人によって全く感想が違うという、不思議な漫画になっています。

ネットでもかなり意見が割れてるようですね。

僕のブログではいかなることもネタバレ禁止なので、具体的には言えないのが残念ですが、気になる人は読んでみてくださいね。

青春ほろ苦味って感じです。

でそのあたりのメジャー作品ではないのですが、「スローステップ」という作品もございます。

これもいいんですよね〜。

以前リックという映画を、高校の文化祭で劇にして演ったという話をしたじゃないですか?

ブリトーの具も再利用、ご飯にかけるだけの簡単おいしいタコライス
昨日はマニアックすぎる映画「ベン・ハー」を紹介してしまい、後悔しています。なんせマニアックですから。いや、ベンハー自体はめちゃくちゃ有名だったのですが、今の時代にあってはちょっとマニアックという意味ですね。1959...

その劇の中で僕が勝手に作って勝手に僕が演じた、ジョーイだとかいう役。

これにスローステップのセリフを拝借して言わせるくらい、このスローステップという作品が好きでした。

「あいつの一分一秒は、お前たちの一分一秒と同じじゃないんだ!」てきなやつ。

これはね、そこまでメジャーじゃないし短めなので、時間があれば是非読んでみてくださいな。

「ラフ」とか「みゆき」もいいですよね〜。

ラフの最後とか超おしゃれですし。

でもあれですね、毎日何かおすすめしていますが、全部観たり読んだりするとパンクするのでほどほどに。

さて本日は「ホワイトソースの残りで作る、パン包みクリームシチュー」でございます。

ホワイトソースの残りで作る、パン包みクリームシチュー

材料

  • ホワイトソースの残り
  • 小麦粉50g
  • 低脂肪牛乳25cc
  • 塩小さじ1/8
  • サラダ油 小さじ1/4
  • ベーキングパウダー 2g

作り方

ホワイトソースは、もしドロっとしすぎていたら火にかけて水か牛乳で伸ばしましょう。

のばす

塩やコンソメで味を整えます。

パンは小麦粉、低脂肪牛乳、塩、サラダ油、ベーキングパウダーを混ぜ、こねて生地を作りましょう。

15分ほどねかせるといいです。

毎度

本当はパイ生地でやるのがいいのですが、パイ生地は作るの面倒なことこのうえないですからね。

冷凍パイ生地があればいいのですが、んなもんうちにあるわきゃないので。

パンもね、イースト使って膨らませればいいんですけど、やってられないでしょうそんなこと。

さ、言い訳しまくりながら生地を伸ばします。

カップより少し大きくなるように伸ばし、被せます。

ふた

そのままレンジのオーブンで焼きます。

200度で12分くらい焼きましたが、うちのレンジのオーブンはちょっと温度低いからなー。

そこらへんは自宅のオーブン事情により、加減してください。

完成。

完成

あつあつや

まあ悪くないですよ。

ちょっと固いですけど、シチューにつけるのでちょうどいいかも。

適当に作ってみてもできるもんですね。

なんかテンションあがるので、やってみてくださいな。

それでは!

コメント

  1. Hassy より:

    あだち充先生の漫画がいくつか我が家にもあって小さい時読んでました。
    優しい絵と空気感がたまりませんね。
    ふわっとボール投げる感じとかスローモーションでみえます。
    H2とスローステップもたしかありました。
    主人公が似てるのと私の記憶力が無いのとでモゴモゴ…。また読みたいな。
    浩一さんの頭の中の引き出し多くて記憶力いいの尊敬します。
    ほんと、すごい。

  2. asa より:

    今回紹介されたあだち充先生のマンガ、多分全部読んでます。
    でもH2の最後、覚えてないんですよね。。
    タッチはめちゃくちゃ好きで何回も読み直したんですが、他は一回しか読んでないような。。
    だからか、どれも記憶になくて。。
    今はもう全部持ってませんが、H2は気になります。読み直したいなぁ。。
    あ、お料理まだ見てないわw
    すみませ〜ん(⌒-⌒; )

  3. おがっちょ より:

    めっちゃお洒落な料理でびっくりしました😂ソースの残りでできるんですね✨

  4. あんず より:

    浩一先生、今日もすごいですね!!
    ポットパイ、私、ケンタッキーでしか食べたことありませんよ😳!!
    それを自宅で自作とは😱

    明日は雪みたいなので、そんな日に家でポットパイ食べるとか幸せですね😇

    お洒落なレシピが多いので、もしかしてカフェごはんのレシピ本とか持ってるんですか?
    浩一さんてバーテンとか似合いそうですよね😍

    タッチの実写版思い出しました🥰
    タッチの影響を受けた人が、子供にみなみと名付けるのをチラホラ見かけますね😊

    今日は長々と失礼しました😓

  5. たえ より:

    凄いですね!めちゃ美味しそうです!!作ってみたいです😊
    「タッチ」好きで、全巻持ってました!カラオケでも歌ってました♪
    青春ほろ苦、いいですね✨
    スローステップ読んでみたいです