コロ(小説)一覧ページ

小説コロのページです。

スポンサーリンク
コロ(小説)

コロ9章第2話

「終わった」  ――その瞬間、そう思わなかった者は、一人や二人ではあるまい。  地響きのような悲鳴と歓声の真ん中で、秋菊イレブン――、とりわけ護が下を向いている。 「みんな、すまねえ、すまねえ!」  誰よりも大きな...
コロ(小説)

コロ第8章1話

『これでもう、君に教えることは何もない。免許皆伝というやつだよ、成通(なりみち)』 『偉そうに言っちゃって。何もないもなにも、そもそも教え過ぎなんだよ。頭と体が壊れるかと思ったよ』 『そう言うん...
コロ(小説)

コロ!!第7章3話

 試合が始まり成と共にフィールドを駆け回っても、コロの気持ちは沈んだままだ。  とはいえ思兼の心配していたようなことは起きず、むしろ成の調子はいつにも増してよい。  体に連戦の疲れはなく、羽が生えたような軽さを成が感じているこ...
コロ(小説)

コロ!! 7章第2話

「どうよ、どうよ? この盛り上がり、想像以上でしょう? 凄いでしょう? さあ、序列最下位のフンコロの神よ、この太陽神様を褒め称えて、クウンと鳴きなさい」 「何を言ってんるんだ。この頭も胸も空っぽの邪悪な神め! 今度という今度...
コロ(小説)

コロ!! 第7章1話

7-1話 「なんじゃこりゃあ!」  このセリフを発するのは、もう何度目だろうか?  決戦の日、時刻は朝7時。  朝食をとる成の肩の上、コロは雄叫びをあげ卒倒した。 「いやー、驚きましたねえ」  ...
コロ(小説)

コロ!! 第6章2話

6-2話 「凄い! 二人共、中学生のレベルじゃない!」  もう空中に、三十合は打ち上げられただろうか。  コロは感嘆の声を漏らしそうになった。  雨は少しも勢いを緩めず、すぐ横を流れる河川は、更にその嵩を増...
コロ(小説)

コロ!! 第六章 1話

『やったじゃないか! 鳥居の陰から見守っていたけれど、たいしたもんだ。ボクも稽古をつけた甲斐があるってもんだよ』 『ふふん、これが実力ってもんさ。もう誰も僕にかなうもんか』 『おやまあ、まったく、ちょっと褒めるとこれだからなあ...
コロ(小説)

コロ!! 第五章2話

 『1-0』 「強い強い! このままじゃ、勝負が決まるのも時間の問題ね。行け行けー!」  ピッチ上空で観戦している天照が、無邪気に声をあげている。  試合は前半15分、――前後半あわせて60分の中学サッカーでは、試合時間...
コロ(小説)

コロ!! 第五章1話

5-1 『悪かった。僕が本当に悪かった。もうお前の言うことを、疑ったり軽んじたりしないよ』 『やれやれ、まあ分かればいいさ。以外に早く、思い知る機会があってよかったよ』 『ああ。自分に問い、それに答え、また自分に問う。練...
コロ(小説)

コロ!! 第四章 3話

4-3 「ちょっと、何よこれ。ラグビーの試合じゃないんだから」  思兼命が鳴らす長い笛の音が、試合終了を告げていた。  贅沢にも程があるほどの美しく巨大なビジョンモニターには、絶望的な力の差が表示されている。 ...
スポンサーリンク